So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ある海外通販マニアのブログ更新を休止します。 [個人輸入]

皆さん、ある海外通販マニアの独り言を閲覧いただきありがとうございました。

アベノミクスのおかげで、すっかり円高の享受を受けることがなくなり、海外通販も開店休業状態の昨今です。

まあ、今まで手元で死蔵していた株があがったり、401Kの資産価値アップなどのおいしいことも起きていますがね。

タイトルにもありますが、次の円高(あるかどうかわかりませんが)までブログの更新を休止します。というか、多分アップできるネタが出てこないと思います。お、お

今までの記事への質問には。ちゃんと回答しますので、是非ご照会ください。
また、アメリカあたりでアウトドアの掘り出し物があれば、号外でブログを更新することもあるかもしれません。

今までのご閲覧、本当にありがとうございました。



nice!(3)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ATOMIC CHARTER(アトミック チャーター) バックカントリー用スキーを購入しました [個人輸入]

久しぶりの記事となり、申し訳ございませんでした。
仕事が忙しいのと、海外通販が最近はしていなかったので・・・、すいません。

さて、ATOMIC CHARTER(アトミック チャーター)バックカントリー用スキーeBayより購入しました。
無題.jpg

$299の即決価格でしたが、ベストオファーがあったので$249でオファーしたらアクセプトされました。びっくりでした。日本での定価は63,000円で、通販ショップでも49,000円でしたから格安です。日本円換算すれば23,000円程度です。但し、送料が$95ですので、実際には送料込みでは、32,500円くらいですかね。それでも、安いとは思います。

商品は、3月1日に届きました。
DSCF0088.jpg
DSCF0091.jpg

アトミックの文字が板の上部にあります。
DSCF0089.jpg

板の下に、「板の長さ」「板のトップ、ウエスト、テールの幅」「ラジアス」が記載されています。板の長さは166cm、トップ幅128.5mm・ウエスト幅100mm・テール幅118.5cmです。ラジアスは、17mです。
DSCF0090.jpg

メーカーの説明には以下のように記載されています。
「パワーロッカー、ステップダウンサイドウォール、ウエスト幅100mm を採用。シールをセッ
トできるテールはストレートテールとした、バックカントリー対応ツアーモデル」
http://atomicsnow.jp/ski/catalog/pdf/atomic_freeride_2011_2012.pdf#search='%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF+%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC+%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC'

ちなみに、ビンディングはDIAMIR(ディアミール)のスカウトです。伊勢崎のショップで買いました。というのも、ディアミールはスイスのFRITSCHI社製なのですが、アメリカでも価格は変わりません。また、ビンディングの取付料が5,250円かかりました。通常は板とビンディングを一緒に買えば取付け料金は無料だと思うので、板で23,000円安く買いましたが、送料とビンディング取付け料金を加味すれば8,000円程度しか安くなりませんね(笑)
ちなみに伊勢崎のショップは、ビンディングと取付料金で37,000円強でしたから商品の値引きもありました。その前に大手のIC*イシ*スポーツで聞いたら、ビンディングは定価で取付け料金8,400円と言われ、トータルで44,000円近い金額でした。群馬にお住まいなら、山スキー用品は伊勢崎のショップで買った方がいいようです。6,000円も違うのは大きいですよね。

先日、菅平の根子岳に行ってきました。天気はよくなかったのですが、使い勝手はまずまずでした。
来週、かぐらでも試してきます。


nice!(0)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GIRO(ジロ)のスノーゴーグルONSET(オンセット) [個人輸入]

GIRO(ジロ)のスノーゴーグルONSET(オンセット)をアメリカのAamazon.comより購入しました。
日本での定価は25,150円ですが、送料込みで11,573円で購入しました。GIROは、本当にAmazon.comで買えば安いです。

GIROの箱の上に置いた前方からの画像です。
IMG_2363_1600.jpg

同じく、後方からの画像です。
IMG_2364_1600.jpg

GIRO ONSETは、メーカーのサイトでは以下の説明があります。
「新製品ONSETは新たに開発されたフルサイズのフレームで、くっきりクリアなオプティックと、今までとは比較できないくらいワイドな周辺視野で、より思い切ったライディングが可能です。ONSETは、完璧なヘルメットフィットで、心地よいトリプルレイヤーフェイスフォームがライディングをさらに快適なものにしてくれるでしょう」
・Super Fit フルサイズ・アダルト
True Sight 球面ダブルレンズ
・」EXV光学視野
・ヘルメット対応
・マイクロフリース使用トリプルレイヤー フェイスフォーム
詳細はこちらのメーカーサイトを確認ください。http://www.giro-japan.com/snow/goggle/onset.html

先日、かぐらスキー場で初めてヘルメット(GIRO MONTANE)とこのゴーグルで滑ってきました。大雪の降雪でしたが、ヘルメットとの相性は同じGIROでありバッチリでした。まったく曇りませんでした。また、視界は抜群でした。
転倒した際に頭をしたたか打ちましたが、ヘルメットのおかげで首の鞭打ちだけで済みました。

ベルト部分は、左側にはGIROのアルファベット、右側はGIROのマークの「G」です。
IMG_2365_1600.jpg
IMG_2366_1600.jpg

付属品は、箱と取説とレンズの視界の広さの説明しおりです。
IMG_2368_1600.jpg

取説は、日本語表記もちゃんとあります。
IMG_2370_1600.jpg

日本だと、安い通販でも20,000円近くします。興味のある方は、こちらを確認してください。http://www.amazon.com/Giro-Onset-Spherical-Goggle-Silver/dp/B007XSI46O/ref=sr_1_1?s=sporting-goods&ie=UTF8&qid=1359553927&sr=1-1&keywords=giro+goggles+onset



nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GIRO(ジロ)のスキーヘルメット MONTANE(モンテーン)をeBayで購入しました。 [個人輸入]

GIRO(ジロ)のスキーヘルメット MONTANE(モンテーン)をeBayで購入しました。
最近は円安なんですが、GIROは海外通販が全然安いですね。
Paypalで払ったのですが、商品が$97.5で送料が$15で合計$112.5でして、日本円では10,383円でした。
日本での定価は19,950円ですし、通販の安いお店でも18,000円くらいしますから、これはお得でした。
ちなみにアメリカの定価は$130ですが、eBayのショップは更にお安いんです。
ebay.jpg

モノは先々週の金曜日に発送の連絡があって、本日到着なので約10日でしょうか。ちなみに、送料がアメリカ郵便局USPSで一番お安いファーストクラス・メールで送られたので、トラッキングもできませんでした。でも送料が$15はバカ安ですよね。アメリカから30cm四方のヘルメット送るのに、送料はAmazon.com並みですよね。
ちなみにeBayのショップは、activelifestoreさんです。eBayのポジティブフィードバック、つまりヤフオクの「とても良い」が49,053件のショップですから信頼できると思いますよ。

ちゃんと、箱に入って届きました。ビニールの袋で梱包していました。
P1212487_1600.jpg
P1212483_1600.jpg

私の買ったのは、アニメが描かれているホワイト・フェースというタイプです。
P1212485_1600.jpg

ジロのシールも同梱されていたので、早速貼ってしましました。
P1212484_1600.jpg

「MONTANE」の文字がヘルメットの頂上部分にプリントされています。
P1212486_1600.jpg

スキーでも、転倒すると大ケガになることもあります。ボーダーだけでなく、スキーヤーもヘルメットをかぶりましょう。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Backcountrygear.comでArcteryx(アークテリクス)がクリアランスセール [情報]

こちらのサイトです。
http://www.backcountrygear.com/clearance.html
30%引きもあって、お得だと思います。
backcountrygear.jpg



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CANADA GOOSE(カナダ グース) BANFF(バンフ)のが届きました。 [個人輸入]

CANADA GOOSE(カナダ グース) のダウンジャケットBANFF(バンフ)が本日届きました。正真正銘の本物です。

正面からの写真です。ふわふわのダウンでいっぱいです。モンクレール並みにダウンが詰まっています。
DSCF0041_1600.jpg

背部からの写真です。コヨーテのファーが格好いいです。
DSCF0042_1600.jpg

後ろの襟の下にCANADA GOOSEと大きく記載されています。ここでハンガー等に引っ掛けることができます。
DSCF0044_1600.jpg

左の腕にカナダグースのロゴがあります。
DSCF0045_1600.jpg

ポケットや胸の合わせる部分の裏が革製です。
DSCF0046_1600.jpg

襟の裏も革製です。
DSCF0047_1600.jpg

コヨーテのファーも大きいです。
DSCF0048_1600.jpg

裏のタグにも大きなCANADA GOOSEの文字とMADE IN CANADAとしっかりと記載されています。
DSCF0049_1600.jpg

偽物防止のためのホログラムは、左の脇下あたりにあります。
DSCF0050_1600.jpg

その他のタグも左の腰のあたりにあります。
DSCF0051_1600.jpg
DSCF0052_1600.jpg

日本では未発売モデルですが、私が調べる限りでは本物は70,000円以上で販売されています。高いお店では」100,000円近くで販売しています。

私は、$630(輸入の際に関税が別途4,400円かかりました。また、日本への送料も別途かかります)で購入しました。購入先は、カナダグースのアメリカでの正規販売店でテキサス州ヒューストンにあるSun&Sports http://www.sunandski.com/です。通常はアメリカでは$725で販売されています。
sun.jpg

SUN&SPORTSが正規店であることは、カナダグースのHPで確認できます。
canada1.jpg
canada2.jpg

カナダグースは偽物が氾濫しているので、購入の際にはくれぐれも注意しましょう。



nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海外通販の転送会社は「スピアネット」と「USAでお買い物」のどちらが便利?? [情報]

海外通販の転送会社は、手数料や送料が安いので「スピアネット」と「USAでお買い物」が人気のようですね。
サービスがいいということで、最近は「USAでお買い物」のいい評判を聞きますね。

スピアネットは、こちらのサイトです。http://www.spearnet-us.com/
スピア.jpg

USAでお買い物はこちらのサイトです。https://www.usadeokaimono.com/
usaお買い物.jpg

さて、今までは「スピアネット」は場所がサンフランシスコ(の隣町のSan Leandro)だったのでカリフォルニアのSHOPで購入すると、州税が8%くらいかかりました。
一方、「USAでお買い物」は、場所がオレゴン州のポートランド(の隣町のビーバートン)にあり、オレゴン州はオレゴン州内も無税で、当然カリフォルニアのSHOPで購入しても無税ですから便利でした。特に、アウトドア派にはe-OMC、basegear.com、Backcountrygear.com、Altrec等の有名通販ショップがあり、重宝されていました。

しかし、スピアネットも、オレゴン州のポートランドに受取センターを開設(転送サービスだけ?)したので、USAでお買い物の優位性もなくなったのかな?

先日、、「USAでお買い物」をはじめて使ったのですが、それを踏まえての印象は「スピアネット」の方がやっぱりいいかなということです。

その理由は以下のとおりです。
①スピアネットの方が企業として、多分大きい。HPもしっかりしているし、支払方法もわかりやすい。スピアネットはpaypalで支払う場合は指定された箇所をクリックすればいいが、USAでお買い物の場合には、自身でUSAでお買い物のメルアドを入力しなければいけない。私はe-bayで数えられないくらいpaypalを使っているが、こんなの初めてだった。
②スピアネットは宅配(日通ですが)の場合には、150cm以内なら重さだけで送料が決まる。USAでお買い物の場合には重量と容積量で決まる。先日、「USAでお買い物」を使った際に重さは4ポンド(1.7kg)だったが箱の大きさが80cmサイズだったので、スピアネットよりも$30近く高くついた。嵩ばる品物は「USAでお買い物」は使えない。
③paypal利用の際に「USAでお買い物」は5%の手数料を取る。しかも、最低手数料が$5である。これは、あほらしい。

ただ、スピーディーさは評判では「USAでお買い物」の方が早いという意見が多い(私はスピアネットでも到着からすべて2日以内に発送されているので、スピアネットも十分早いと思うが)ので、60cm以内の荷物なら「USAでお買い物」でもいいのかもしれない。でも私は多分、ここは2度と使わないように思う。なぜなら、スピアネットがポートランドに出店を出したからですね。

また、皆さんのご意見があれば教えてください。






nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CANADA GOOSE(カナダ グース)の真贋を研究しました。 [情報]

CANADA GOOSE(カナダ グース)は、ご存知ですか。
Moncler(モンクレール)はご存知でしょうが、CANADA GOOSE(カナダ グース)もダウンジャケットでは世界では有名なメーカーです。Made in Canadaが売り物です。

どちらかというとモンクレールとは異なり、実用的で北極や南極を目指すようなジャケットです。
また、カジュアルでも十分に使えます。モデルによっては、ビジネスでも使えます。
公式HPは、http://www.canada-goose.com/です。
canada goose.jpg

日本での総代理店は、Griffin International Ltd http://www.griffin.cx/cg/で、直営店でFRAME http://www.frame.jp/canadagoose/ というお店があります。

モンクレールの偽物は結構有名ですが、カナダグースも偽物が氾濫しています。
カナダグースに偽物があるというのは、日本ではモンクレールほど有名ではないので、カナダグースが3~4万円だと並行輸入でお買い得とネットで購入する方もいるかもしれませんが、私の調べた範囲ではほとんどが偽物です。

本場のカナダやアメリカでも、廉価なものはまず正規販売店での販売ではなく、その販売店の住所や電話番号が記載されていません。発送先も、ホンコンとかが多いです。
私がブログで紹介していたり皆さんもご存知のしっかりしたアメリカの通販ショップの、Moosejaw、e-OMCやaltrecは正規販売店です。これらの店では、割引のプロモーションはあっても、基本は定価です。

日本でも、住所や電話番号を表示しているサイトは、ほとんどが6万円後半以上のお値段だったので、本物だと思います。ただし、正規店以外では3店程度しかありませんでしたが・・・・・。

私の知る限りでは、本物を廉価で入手するのは、カナダグースのアメリカの正規販売店で海外通販することがベストだと思います。セール等を利用すると、正規品を2万円くらいやすくゲットできることも可能だと思います。送料も加味すれば、1万円少々のお安さですかね。

実は私は、カナダグースのバンフを先日海外通販しました。
まだ商品が届いていないので、モノの詳細は届いた時点で報告します。








nice!(1)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GRIVEL(グリベル)のアイゼンG12をbasegear.comより購入しました。 [個人輸入]

GRIVEL(グリベル)のアイゼンG12をbasegear.com http://www.basegear.com/より購入しました。
メール登録のクーポンを利用したので、購入価格は$140ですので約11,000円です。送料が$38加算されるので、送料込みの価格は約14,000円です。日本でのメーカー希望価格は約20,000円ですので、それよりも6,000円も安くゲットできました。

G10のニューマティックを持っているのですが、今年は更に極めようG12を購入しました。冬の登山靴はスポルティバのネパールエボを使っているので、スタイルはオーマティックを購入しました。

表側から見ると、こんな感じです。
DSCF0035_1600.jpg

裏側から見ると、こんな感じです。
DSCF0036_1600.jpg

今回気がついたのですが、サイズを調整する際のレギュレーションバーが、昨年までは本体から外れるタイプのものでしたが、今年のモデルからアイゼン本体にビルトインのタイプに変わっています。多分、これによりアイゼンがレギュレーションバーから外れても、バー自身を雪の中に紛失する危険が軽減されるのでしょうね。
DSCF0037_1600.jpg

このタイプに変わって、足のサイズの小さい方はロッキングタンを前後に変えるのではなく、表裏をにすることで調整することが可能です。
今回の画像も私は足のサイズが25cmなので、デフォルトのロッキングタンのセッティングではサイズが会わないので、ロッキングタン表裏を変えて調整しました。。
※ロッキングタンとは、アイゼンの前と後ろをつないでいる10cm前後の物差し状のものです。

お店によって、商品の画像が異なります。
ICIのHPのレギュレーションバーの画像は、前のモデルのままのようです。
http://www.ici-webshop.com/search/item.asp?shopcd=17318&item=8032618872153gri

楽山荘のサイトは、今年のモデルの写真が掲載されています。
http://www.rakuzanso.com/crampons_grivel.html

ご参考になれば、幸いです。



nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GRIVEL(グリベル)のヘルメット SALAMANDER(サラマンダー)は日本人にフィットします [情報]

GRIVEL(グリベル)のヘルメット SALAMANDER(サラマンダー)を買いました。もう1ヶ月以上前です。
9月に北アルプスの大キレットに行った際、ヘルメットを被っている方が多かったので必要性を感じました。
剣岳に10月下旬に行こうと思ったので買ったのですが、なんと剣山荘は10月初旬で終わりだったのです。10月下旬は雪が怖いのでテントは嫌だから剣岳は今シーズンは断念しました。このヘルメットは来年以降の活躍となります。

箱からして、かっこいいです。
DSCF0025.jpg

前方より、目のような絵は付属していたシールを貼りました。イタリア国旗もシールです。
DSCF0027.jpg

横からです。
DSCF0028.jpg

後ろからです。
DSCF0030.jpg

裏返すとクッション材豊富です。
DSCF0029.jpg

ミリタリー調でカッコいいですよね。よくある工事現場のヘルメットには見えません。
これは珍しく、海外通販で買ってません。日本の通販で買いました。送料無料で定価より1,000円程度安かったと思います。

海外通販しなかった理由は、ICIでいろんなヘルメットを試着したのですが、これしか頭のサイズが合いませんでした。グリベルでは一番大きいサイズの54-62cmのサイズです。

実は、グリベル購入前にマムートのトライポッド2が軽かったので、Amazonで海外通販していました。日本では11,550円の定価販売ですが、7,000円少々でゲットして「やった」と思っていました。
IMG_2320.jpg

マムートのトライポッド2はサイズが53-63cmだったのですが、私が被ると横幅がきちきちで小さすぎました。仕方なくヤフオク送りとしてなんとか損得無しでリカバーして、グリベルを買いました。「

登山ヘルメットを購入しようとしている方に、アドバイスです。頭の周囲が55cm以上の日本人は、グリベルのこのモデルしかマッチしません。欧米人の頭のサイズは、前後は大きくても横幅は実は小さいのです。
だから、頭の周囲が規格内だと思って買うと大変です。私の頭の周囲径も56cmしかないのに、横幅が狭すぎることとなるのです。
私は以前に自転車ヘルメットで失敗している(過去記事参照)のに、またやっちゃいました。

ご参考になれば幸いです。




nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。