So-net無料ブログ作成
検索選択

SPORTIVA(スポルティバ) NEPAL EVO GORE-TEXを購入しました。 [個人輸入]

冬山登山用に、SPORTIVA(スポルティバ) NEPAL EVO GORE-TEXを購入しました。

先日、湯の丸高原にスノーシューに行ったのですが、スカルパ トリオレではつま先がとても寒かったのです。ショップに以前に聞いた話では、日帰りの冬山ではトリオレがギリというアドバイスをいただいたのですが、その理由がよくわかりました。
2月に八ヶ岳に行くので、これはまずいなと思った次第です。
私には、ギリではなくちょっと厳しいとわかったので、日本の登山用品店でサイズ合わせをさせていただき海外通販でゲットしました。(サイズ合わせさせていただいたお店の方、どうもすいません)

こんな箱に入っているんですね。日本で買うときには、箱から出されていて箱には入っていませんからね。
IMG_2028.jpg
IMG_2029.jpg

箱から出すと、こんな感じです。イエローの格好いい靴ですね。
IMG_2031.jpg
IMG_2033.jpg

靴底のシャンクは、目茶堅いです。スカルパ トリオレと比較すればまったく違います。さすが、雪山仕様ですね。
IMG_2032.jpg

この靴には、取り外しができるベロ(リムーバブル・タン)がついてきます。靴のフィット感や甲の部分の保温をするためなのですが、足首の細い私にはサイズ合わせにもとても便利です。
IMG_2030.jpg

今回は、e-OMCというオレゴン州ポートランドに実店舗オレゴン・マウンテン・コミュニティを持っているオンラインショップから購入しました
https://secure.e-omc.com/catalog/
この店は、会員登録すると正札商品は10%のディスカウントをしてくれます。

今回ゲットに要した費用は、以下のとおりです。
NEPAL EVOはアメリカでは正札が約$510で、ディスカウントの$51を差し引いて、それに送料の$39を加算した$497が購入に要した費用です。日本円にすると、約38,980円となります。
日本の正札は69,300円ですので、なんと30,000円以上安くゲットすることができました。

気になる関税ですが、アメリカのアマゾンで買ってスピアネット経由で転送した方のブログを拝見したら、日通の国際宅配便で関税が5,600円と書いてあったので、最低でもそのくらいはかかるかなと思いました。
へたしたら・・・、やばいなとも思っていた次第です。

実際の関税は、なんと2,600円でした。通関手数料200円を加算しても、2,800円です。
今回は、配送業者はUSPSだったのですが、やっぱり関税は郵便局がお得なのですかね。
ちなみに、税表番号は6402-91でした。これは、靴底がゴムで甲がくるぶしを覆うものにかかるもので、関税はアメリカはWTO加盟なので8%でした。
税関の実行関税率表の当該部分は、以下のとおりです。
関税.jpg

私がお勉強した範囲では、登山用革靴の関税は27%のはずなので、よかったです。※前述のスピアネット経由で購入された方もラッキーだと思っていたので。

とにかく、関税込みのトータルで、41,780円でゲットできたので大満足です。
でも、靴を買うときは、関税の金額がわかるまで本当にドキドキですよね。




nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WikipediAが、ブラックアウトしました。 [情報]

WikipediAが、アメリカのサイトで24時間のブラックアウトをしています。
ブラックアウトは、直訳は停電ですが、ここでの意味は利用停止ですね。

珍しいことなので、24時間後に消える前にサイトの画面をプリントスクリーンしました。
無題.jpg

こんなことが、サイトには記載されています。
Imagine a World
Without Free Knowledge
For over a decade, we have spent millions of hours building the largest encyclopedia in human history. Right now, the U.S. Congress is considering legislation that could fatally damage the free and open Internet. For 24 hours, to raise awareness, we are blacking out Wikipedia. Learn more

訳するとこんな感じでしょうk。
「自由に情報や知識がゲットできない世界を想像してごらん。この10年以上の間、私たちは何百万以上の時間をかけて人類の歴史について史上最大のありとあらゆる情報知識を構築することに費やしてきた。今、アメリカ議会は、自由でオープンなインターネット社会に致命的なダメージを与える法律を成立させることを検討している。今から24時間、この重大な事実に気づいていただくために、われわれは Wikipediaのサービスを停止します。」※意訳が多分にあります。

Learn moreは長いので、興味のある方は、下記のアドレスをお訪ねください。
http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:SOPA_initiative/Learn_more

海外通販や趣味にはまったく関係ありませんでしたが、私が重宝しているWikipediA絡みのニュースが流れましたので、思わずご紹介しました。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

kindle4をamazon.comよりゲットしました。これは使える、ペーパーバックは不要です。 [情報]

先日、kindlel4をamazon.comより購入しました。
洋書をさくさくと読んでみたいなということで、送料を含めても10,000円弱で購入できるので、これはいいかなと思った次第です。
kindleについては、たくさんの紹介するHPがあるので、いくつかをご紹介します。
詳しくはこちらを参照ください。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20111006_481798.html
http://blog.imagedrive.jp/web/research/2011/10/05/kindle4
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2011/08/kindle-d6fb.html
http://0948779.blog18.fc2.com/blog-entry-359.html
http://www.yoshodego.com/kindle4eijiro.html
http://www.east-village.jp/KINDLE/eijiro/

荷物は、中国の深圳から香港経由で届きます。初めて、中国からアマゾンの品物が来ました。日数は、アメリカからと変わらなく、3日程度です。
11.5cm×16.5cm×1cmですから、とてもコンパクトです。
荷物は、こんな感じです。
IMG_2004.jpg

開梱すると、本体とUSBのPCを利用するデータ移動と充電のためのケーブルが入っています。なお、充電はこれを使わなくても、スマホ充電用のものでもOKです。スマホもマイクロUSBなので、代用できます。
IMG_2005.jpg
IMG_2006.jpg

電源を入れると、すぐにW-Fiの接続画面になります。最近の接続は、AOSSなので苦労されている方が多いようですが、私はバッファローのAirステーション本体の側面に貼られているKeyコードを、kindleから求められるパスワード欄に入れたら、簡単に接続できました。

本体は、こんな感じです。大きさを比べるために、ボールペンを置いています。
IMG_2023.jpg

HOMEボタンを押すと、保存されているファイルが表示されます。私は、英文を読む際に日本語訳がLook UpできるようにMOBI/Kindle対応版(K3/K4/KT/MOBI) Ver. 132 EIJIRO dot MOBI / Kindle compatibleを1,570円でゲットしてkindleに入れています。
※これらの方法は、記事の冒頭に案内したHPアドレスにいろいろと紹介されています。
IMG_2026.jpg

実際にカーソルを単語に合わせると、こんな感じで表示されます。購入時には、英英辞典のオックスフォードがデフォルトで設定されていますが、簡単に設定の変更はできます。詳細は記事冒頭のHPを参照ください。
IMG_2027.jpg

最初の書籍として、Steve Jobsの英書を購入しました。$9くらいです。日本でアマゾンから英書のハードカバー版を買えば2,600円くらいしますし、日本語版を買えば3,800円もしますので、お安いですよね。

機能についていえば、i-Pad2の1/4くらいの軽さで字のフォントも調整できるので、とても読みやすいです。次に読むときも、直前のページが表示され、気に入ったフレーズはブックマークを入れることで後から確認もできます。英書ファンには秀逸です。
日本語の文庫本も、自炊という技(詳細はネットで検索すれば、すぐにわかります)を使えば、簡単にkindleに携帯できるみたいですね。
 
kindleは、ユーザーズガイド英語でしかありません。日本のkindleファンの皆さんのブログも、ユーザーズガイドの英語訳はないので、今後シリーズで紹介することを考えています。
興味のある方は、楽しみにお待ちください。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MSRスノーシュー EVO TOUR [個人輸入]

先日、MSRのスノーシューEVO TOURを購入しました。
来週、湯の丸スキー場でデビュー予定です。

日本では、(株)モチヅキが輸入代理店になっており、本体が21,000円でテイルが5,250です。
私は、basegear.comがセールをやっていたので、日本円で本体を10,000円少々、テイルを2,400円程度で購入しました。ついでに、約2,000円で収納用のバッグもゲットしました。ほぼ、日本の定価の半額なので万々歳の海外通販でした。
これが本体です。
IMG_1991.jpg
雪の深い場所で後ろに付けるテイルです。
IMG_1992.jpg
バッグです。ポールも一緒に収納できます。
IMG_1993.jpg

調整は簡単です。前のベルトを外して、靴を外れない程度に合わせます。目盛りがあるので、その数字を覚えておいて、2目盛り程度締めて調整すればできあがりです。ベルトは滑らせるのではなくて、ベルトに溝があるので溝に合わせるような感じです。そしてバックルで締めればOKです。
IMG_1994.jpg
サイズ合わせは、こんな感じです。
IMG_1995.jpg

テイルはネジで締めるだけなので、簡単です。
装着前は、こんな感じです。
IMG_1998.jpg
スライドして、ネジというか廻すヤツ(すぐわかる)を締めます。
IMG_1999.jpg
テイルを付けるとこんなに長くなります。雪が深い場所では、必須のようですので一緒に買いました。
IMG_2001.jpg

ヒールリフターは、斜度のきつい場所で上げます。
上げる前と上げた後は、こんな感じです。上げることによって、シューズを固定・バインディングするのではなくて、上がったところに後ろの靴底がきて歩きやすくなるだけなので、勘違いしないように。(私は勘違いしてました)
IMG_1996.jpg
IMG_1997.jpg

利用方法の詳細は、以下のYou Tubeの以下のサイトが参考になります。
http://www.youtu.be/watch?v=lEg67dNarTw&feature=related
http://www.youtu.be/watch?v=AvwW9vmEFTA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=jxQGHV7K6X8
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。