So-net無料ブログ作成

SUUNTO AMBIT(スント アンビット)取扱説明 その③ [情報]

2012y09m09d_222210507.jpg
Ambitはコアと同様に右に3つのボタンと左に二つのボタンがあります。
右側にあるボタンは、①はStart Stopボタン、②はNextボタン、③はLight Lockボタンです。
左側にあるボタンは、④はBack Lapボタン、⑤はViewボタンです。
機能に合わせて名前が付いているのですが、ややこしいので今後は番号だけで説明します。

今回は、ナビゲーションについて説明します。

GPSはエクササイズモードで、利用する項目を選択したら自動的に機能します。※エクササイズモードについては後述します。
テントの中でも機能しますが、建物や密林、濃い雲の下では受信の状況はよくありません。また、コンクリートの建物や水中では機能しません。※実際には、建物であれば、東屋のような建物以外ではNGと思ってください。

位置情報は、経度・緯度、UTM、MGRSでの表記ができます。(ユーザーガイド8.1.2)とありますが、普通の方は経度・緯度で十分でしょう。

自身の現在の経度・緯度を確認するのは以下のとおりです。
1.①のボタンをおして、①と③のボタンでスクロールしてLOCATIONが②の位置に来たら②のボタンを押す。
2.信号を受信したら、経度・緯度が表示される。(ユーザーガイド8.2)

現在の位置情報をPOL(point of interest)として保存できます。
1.先ほどの経度・緯度が表示された状態で①のボタンを押すと現在の位置情報が保存されます。
2.poy typeと表示されるので、①と③を使ってスクロールしてアイコンを決めて、②ボタンで決定します。
3.次にpol nameと出るので、上と同様に①と③を使って選び、②で決定します。
4.①のボタンを押して保存します。(ユーザーガイド8.3.1)

現在位置以外のPOLの登録も、経度・緯度が分かっていれば可能です。
1.①のボタンをおして①と③のボタンでスクロールしてNAVIGATIONを選択して、②ボタンで決定します。
2.POLSという表示になるので、②のボタンを押すと、今まで保存したPOLSの数と新たに登録できる位置情報の数が表示されます。
3.①と③のボタンでAdd locationを選択すると、最後にGPSが記録した経度・緯度が表示されます。
4.その経度と緯度を、登録したい経度・緯度に①と③のボタンを使ってスクロールして登録すればOKです。
(ユーザーガイド8.3.2)

次回は登録してある位置情報へのナビゲーションから説明します。お楽しみに。(ユーザーガイド8.4からです)



nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SUUNTO AMBIT(スント アンビット)取扱説明 その② [情報]

2012y09m09d_222210507.jpg
Ambitはコアと同様に右に3つのボタンと左に二つのボタンがあります。
右側にあるボタンは、①はStart Stopボタン、②はNextボタン、③はLight Lockボタンです。
左側にあるボタンは、④はBack Lapボタン、⑤はViewボタンです。
機能に合わせて名前が付いているのですが、ややこしいので今後は番号だけで説明します。

今回はタイムモードの取り扱いについて説明します。
●時間のセッティング(ユーザーガイド7.1)
 まず②のボタンを長押しして画面が変わったら、②のボタンのところにGENERALと出てくるので、②のボタンを普通に押します。
 ①のボタンを押してスクロールしてTime/dateが②のボタンのところに出たら、②のボタンを普通に押します。
 Timeが②のボタンのところに出るので、そこで②のボタンを押します。時間と分を①と③のボタンを押して選択します。時間を設定したら②のボタンで決定し、次に分を設定して②のボタンで決定します。
 時間のセッティングが完了して元に戻すには、②を長押しするか④のボタンを押します。

 次に年月日です。これはTimeの画面で①または③のボタン押してスクロールして、DATEが②のボタンのところにきたら、②のボタンを押します。
 あとは年(Year)、月(Month)、日(Day)の順番に、先ほどと同じ要領でセッティングします。

 次にdual timeです。これはTimeの画面で①または③のボタン押してスクロールして、Dual timeが②のボタンのところにきたら、②のボタンを押します。
 そして、もうひとつの時間を上記の要領で登録します。何のために使うかというと、海外旅行に行った際などで外国での時間をDual timeで登録しておけば、日本の時間と現地の時間の両方がわかります。もうひとつの時間をみるには、⑤のボタンを押していくと真ん中の時間の列の下の列に秒、曜日、Dual timeが表示されます。

 次にAlarmです。これはTimeの画面で①または③のボタン押してスクロールして、Alarmが②のボタンのところにきたら、②のボタンを押します。そしてonとoffを①と③のボタンで選択します。Alarmの時間も①と③のボタンで選択します。Alarmをonにすると画面の12時の付近にベルのシンボルが表示されます。
 設定した時間にAlarmが鳴ったら画面にStopとSnooze(スヌーズ)が画面に表示されます。①のボタンを押すとStopなので、もう鳴りません。③のボタンを押すとSnoozeになり5分後にまた鳴ります。これを12回繰り返します。

次回はユーザーガイド8のナビゲーションについて説明します。



nice!(0)  コメント(71)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SUUNTO AMBIT(スント アンビット)取扱説明 その① [情報]

2012y09m09d_222210507.jpg
Ambitはコアと同様に右に3つのボタンと左に二つのボタンがあります。
右側にあるボタンは、①はStart Stopボタン、②はNextボタン、③はLight Lockボタンです。
左側にあるボタンは、④はBack Lapボタン、⑤はViewボタンです。
機能に合わせて名前が付いているのですが、ややこしいので今後は番号だけで説明します。
※ボタンの番号は、画像を参考にしてください。

説明は、ネットからダウンロードできるユーザーガイドの説明順に沿って説明します。
こちらからダウンロードください。
http://ns.suunto.com/Manuals/Ambit/Userguides/Suunto_Ambit_UserGuide_EN.pdf

●画面を明るくする(ユーザーガイド4.1)
 ②のボタンを押すとバックライトが機能して5秒間画面が明るくなります。
 また②のボタンを2秒以上押し続けると、ボタン機能をロックして誤作動しないようにできます。

●まずはAmbitを起床させましょう(ユーザーガイド5)
 付属のUSBケーブルにAmbitをセットしてPCにコネクトすると、自動的に目を覚まします。バッテリーのフル充電には約2~3時間かかりますと解説されています。(実際はそんなにかかりません)
 充電中は、どのボタンを押してもロックされているので機能しません。
 また、バッテリーは一度充電を始めたら100%充電するまで外したらいけません。バッテリーの寿命が短くなります(と書いてあります)。

●AmbitをカスタマイズするためにMovescountに接続しよう(ユーザーガイド6.1)
 MovescountとはAmbit 専用のクラウドと考えてください。
 まずは、Moveslinkというソフトをインストールします。こちらからインストールしてください。その後の説明も日本語で解説されています。
http://www.movescount.com/applications/moveslink/Suunto_Ambit
Ambitのソフトがアップデートされても、この手順を踏めば自動的にアップデートされます。(ユーザーガイド6.2)
接続するとこんな表示になります。アップデート中は、時計(device)を外すなと表示されます。Do not remove the device
ambit1.jpg

アップデートが完了したら、時計(device)を外してもいいと表示されます。you may now remve your device
ambit2.jpg

※ユーザーガイド6.3の内容は、実際のエクササイズの話しなので、ここで説明しても混乱を招くから、もっともっと後半でわかるように説明します。

私の時計画面のデフォルト(標準設定)は、背景が白で英字や数字が黒でしたが、背景を黒にして英字や数字を白抜きにもできます。(ユーザーガイド6.2)
1)②のボタンを長押しします。
2)GENERALという文字が②のボタンのすぐ左に表示されるので再度②を押します。
3)Tones/display②のボタンの左に表示されるので再度②を押します。
4)①のボタンのところにInvert displayという表示があるので①を押してから、②を押します。
これで完了なのですが、もっと簡単にするには何もしていない通常画面で⑤のボタンを長押しすれば一発で変わります(笑)。

本日は、ここまでです。次回はユーザーガイド7から説明します。



nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DIESELのスニーカーを関税無しで格安で購入しました。 [個人輸入]

Amazon.comで、1日だけのDIESELのセールをやっていたのでついつい購入しました。
diesel.jpg

GUNNERという名前のスニーカーです。日本で買うと1万円~1万5千円でネットで販売しています。
送料込みで約5,200円でした。

鮮やかなトリコロールカラーです。
IMG_2232.jpg

真ん中の青のラインのところにDIESELのロゴです。
IMG_2233.jpg

後ろにもDIESELのロゴです。
IMG_2234.jpg

靴底はこんな感じです。
IMG_2235.jpg

靴なので関税の恐怖がありましたが、最近のAmazon.comは関税見込額を購入時に支払って、関税が実際に支払った金額よりも安ければ返金され、実際の金額よりも高くても追加請求されません。知ってましたか。
実際の関税は靴なので4,500円もAmazon.comは支払っているのですが、購入時の関税見込みは0円だったので実は購入したのです。課税申告額が1万円を切るので、Amazon.comのシステムでは関税が予想できなかったんでしょうね。

かしこい買い物ができました。
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。