So-net無料ブログ作成

CANADA GOOSE(カナダ グース) BANFF(バンフ)のが届きました。 [個人輸入]

CANADA GOOSE(カナダ グース) のダウンジャケットBANFF(バンフ)が本日届きました。正真正銘の本物です。

正面からの写真です。ふわふわのダウンでいっぱいです。モンクレール並みにダウンが詰まっています。
DSCF0041_1600.jpg

背部からの写真です。コヨーテのファーが格好いいです。
DSCF0042_1600.jpg

後ろの襟の下にCANADA GOOSEと大きく記載されています。ここでハンガー等に引っ掛けることができます。
DSCF0044_1600.jpg

左の腕にカナダグースのロゴがあります。
DSCF0045_1600.jpg

ポケットや胸の合わせる部分の裏が革製です。
DSCF0046_1600.jpg

襟の裏も革製です。
DSCF0047_1600.jpg

コヨーテのファーも大きいです。
DSCF0048_1600.jpg

裏のタグにも大きなCANADA GOOSEの文字とMADE IN CANADAとしっかりと記載されています。
DSCF0049_1600.jpg

偽物防止のためのホログラムは、左の脇下あたりにあります。
DSCF0050_1600.jpg

その他のタグも左の腰のあたりにあります。
DSCF0051_1600.jpg
DSCF0052_1600.jpg

日本では未発売モデルですが、私が調べる限りでは本物は70,000円以上で販売されています。高いお店では」100,000円近くで販売しています。

私は、$630(輸入の際に関税が別途4,400円かかりました。また、日本への送料も別途かかります)で購入しました。購入先は、カナダグースのアメリカでの正規販売店でテキサス州ヒューストンにあるSun&Sports http://www.sunandski.com/です。通常はアメリカでは$725で販売されています。
sun.jpg

SUN&SPORTSが正規店であることは、カナダグースのHPで確認できます。
canada1.jpg
canada2.jpg

カナダグースは偽物が氾濫しているので、購入の際にはくれぐれも注意しましょう。



nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海外通販の転送会社は「スピアネット」と「USAでお買い物」のどちらが便利?? [情報]

海外通販の転送会社は、手数料や送料が安いので「スピアネット」と「USAでお買い物」が人気のようですね。
サービスがいいということで、最近は「USAでお買い物」のいい評判を聞きますね。

スピアネットは、こちらのサイトです。http://www.spearnet-us.com/
スピア.jpg

USAでお買い物はこちらのサイトです。https://www.usadeokaimono.com/
usaお買い物.jpg

さて、今までは「スピアネット」は場所がサンフランシスコ(の隣町のSan Leandro)だったのでカリフォルニアのSHOPで購入すると、州税が8%くらいかかりました。
一方、「USAでお買い物」は、場所がオレゴン州のポートランド(の隣町のビーバートン)にあり、オレゴン州はオレゴン州内も無税で、当然カリフォルニアのSHOPで購入しても無税ですから便利でした。特に、アウトドア派にはe-OMC、basegear.com、Backcountrygear.com、Altrec等の有名通販ショップがあり、重宝されていました。

しかし、スピアネットも、オレゴン州のポートランドに受取センターを開設(転送サービスだけ?)したので、USAでお買い物の優位性もなくなったのかな?

先日、、「USAでお買い物」をはじめて使ったのですが、それを踏まえての印象は「スピアネット」の方がやっぱりいいかなということです。

その理由は以下のとおりです。
①スピアネットの方が企業として、多分大きい。HPもしっかりしているし、支払方法もわかりやすい。スピアネットはpaypalで支払う場合は指定された箇所をクリックすればいいが、USAでお買い物の場合には、自身でUSAでお買い物のメルアドを入力しなければいけない。私はe-bayで数えられないくらいpaypalを使っているが、こんなの初めてだった。
②スピアネットは宅配(日通ですが)の場合には、150cm以内なら重さだけで送料が決まる。USAでお買い物の場合には重量と容積量で決まる。先日、「USAでお買い物」を使った際に重さは4ポンド(1.7kg)だったが箱の大きさが80cmサイズだったので、スピアネットよりも$30近く高くついた。嵩ばる品物は「USAでお買い物」は使えない。
③paypal利用の際に「USAでお買い物」は5%の手数料を取る。しかも、最低手数料が$5である。これは、あほらしい。

ただ、スピーディーさは評判では「USAでお買い物」の方が早いという意見が多い(私はスピアネットでも到着からすべて2日以内に発送されているので、スピアネットも十分早いと思うが)ので、60cm以内の荷物なら「USAでお買い物」でもいいのかもしれない。でも私は多分、ここは2度と使わないように思う。なぜなら、スピアネットがポートランドに出店を出したからですね。

また、皆さんのご意見があれば教えてください。






nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CANADA GOOSE(カナダ グース)の真贋を研究しました。 [情報]

CANADA GOOSE(カナダ グース)は、ご存知ですか。
Moncler(モンクレール)はご存知でしょうが、CANADA GOOSE(カナダ グース)もダウンジャケットでは世界では有名なメーカーです。Made in Canadaが売り物です。

どちらかというとモンクレールとは異なり、実用的で北極や南極を目指すようなジャケットです。
また、カジュアルでも十分に使えます。モデルによっては、ビジネスでも使えます。
公式HPは、http://www.canada-goose.com/です。
canada goose.jpg

日本での総代理店は、Griffin International Ltd http://www.griffin.cx/cg/で、直営店でFRAME http://www.frame.jp/canadagoose/ というお店があります。

モンクレールの偽物は結構有名ですが、カナダグースも偽物が氾濫しています。
カナダグースに偽物があるというのは、日本ではモンクレールほど有名ではないので、カナダグースが3~4万円だと並行輸入でお買い得とネットで購入する方もいるかもしれませんが、私の調べた範囲ではほとんどが偽物です。

本場のカナダやアメリカでも、廉価なものはまず正規販売店での販売ではなく、その販売店の住所や電話番号が記載されていません。発送先も、ホンコンとかが多いです。
私がブログで紹介していたり皆さんもご存知のしっかりしたアメリカの通販ショップの、Moosejaw、e-OMCやaltrecは正規販売店です。これらの店では、割引のプロモーションはあっても、基本は定価です。

日本でも、住所や電話番号を表示しているサイトは、ほとんどが6万円後半以上のお値段だったので、本物だと思います。ただし、正規店以外では3店程度しかありませんでしたが・・・・・。

私の知る限りでは、本物を廉価で入手するのは、カナダグースのアメリカの正規販売店で海外通販することがベストだと思います。セール等を利用すると、正規品を2万円くらいやすくゲットできることも可能だと思います。送料も加味すれば、1万円少々のお安さですかね。

実は私は、カナダグースのバンフを先日海外通販しました。
まだ商品が届いていないので、モノの詳細は届いた時点で報告します。








nice!(1)  コメント(102)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。