So-net無料ブログ作成
検索選択

ARC'TERYX (アークテリクス) ALPHA(アルファ)SL PANT(パンツ)買いました。  [個人輸入]

ARC'TERYX (アークテリクス) ALPHA(アルファ)SL PANT(パンツ)買いました。 
日本では、定価は29,400円ですが、私はe-OMC https://secure.e-omc.com の25%ディスカウントセール(5月のセールなので、既に終わってますが)で$149でゲットしました。日本円では12,000円くらいです。

結構、写真はしわしわになっていますが、流石のアークテリクスの立体裁断のためきれいにたためません。履き心地は抜群です。
IMG_2196.jpg

パンツの上部は、ボタンがありません。ということで、パンツを着るときにはウエスト部分は開きません。ゴムの弾力と紐で締めます。
IMG_2197.jpg

パンツの下部の開口部はジッパーで結構膝あたりまで開きます。ボタンがあるので、ジッパーのチャックは隠れます。
IMG_2199.jpg

パンツの一番下部にはフックがあるので、靴紐に引っ掛けることができます。また、ドローコードで裾を締めることもできます。
IMG_2200.jpg

私が買ったのはSサイズで、ウエスト79cmで股下77cmなのでぴったりでした。

モノとすれば、モンベルのストームクルーザークラスかなと思いますが、今回はストームクルーザーよりも安く仕入れることができました。
立体裁断なので、ストームクルーザーよりは機能性があると思います。今週、木曜日にデビューしますが、雨が降らなければデビューは順延ですがね。

※久々の記事のアップとなり、すいませんでした。いろいろと忙しいものですから。




nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Brooks Brothersからドレスシャツ(Yシャツ)4枚届きました。アウトレット商品との見分けもご紹介します。 [個人輸入]

アウトドア関連ではないのですが、アメリカのBrooksbrothers.comから無事商品届きました。
関税がかからないように、留意して発注しました。
前回のブログで紹介しているように、現在セミ・アニュアルセール中です。今回はドレスシャツ4枚買ったら4割引きだったので、これでオーダーしました。
スリムフィットのボタンダウン・ノンアイロンが$52.8×2枚、スリムフィットの通常のYシャツが$47.7×2枚で合計$201です。$201×80円(為替レート)×60%(個人輸入の6掛ルール)=約9,700円ということで10,000円以内なので関税かかりません。これが、あと400円高くなると間違いなく関税と手数料で2,000円はかかってしまうから恐ろしい。※Fedexは、厳格です。
IMG_2188.jpg

ボタンダウンはこちら、ノンアイロンなので日本では1枚11,550円也。
IMG_2189.jpg

ノンアイロンではない通常のYシャツはこちら、日本では1枚10,500円也。
IMG_2190.jpg

クレジットカードへの送料込みの請求額は、20,270円也でした。これを日本で買えば、44,100円もいたします。絶句です。日本にもブルックスの公式通販サイトはありますが、とても買えません。年に2~3回あるアメリカの公式サイトのセールでゲットするのがベストですね。

さて、Brooksbrothersも多くのアウトレットで見かけるようになりました。みなさんご存知ですか、アウトレット商品と正規品は首の後ろのタグが異なります。
これは日本のアウトレットもアメリカのアウトレット(チェルシー等)も同じです。

まずは、正規品はこうです。首周り15インチで袖丈32インチの表示がこうなります。
IMG_2193.jpg

アウトレット品は、こうです。首周りは151/2インチで、次が2/3となっています。この2/3が32インチを意味しています。タグを見れば、すぐにわかるようになっています。
IMG_2194.jpg

ブルックスのファンの方にはお役に立つ情報だと思います。
次の記事は、このブログの期待に応えてアウトドアにするようにします。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Brooks Brothersのセールが米国の公式サイトで始まりました。 [個人輸入]

アウトドア情報ではなくてすいません。メンズアパレル情報です。
アメリカントラディショナルの老舗「Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)」の米国の公式サイトでセールが始まりました。
http://www.brooksbrothers.com/
知名度はラルフローレンと双璧をなし、ラルフローレンより少し高級イメージかな。
ブルックス.jpg

日本のブルックス・ブラザーズの公式サイト http://shop.brooksbrothers.co.jp/ もありますが、ここでは送料無料くらいのプロモーションしか今はありません。今は円高なので、定価でも米国の公式サイトと比較すると7割近く高いです。

何がお薦めかというと、ドレスシャツを4枚買えば40%引きとなることです。これは、安い。
ドレスシャツとは、Yシャツです。ボタンダウンシャツも含まれます。ブルックスファンのサラリーマンにはたまりません。
私の買い物こんな感じです。
2.jpg

ボタンダウンシャツ2枚、ドレスシャツ2枚購入です。トータル定価では$335が$134割引で、$201です。
アメリカから日本への送料$49.99を加算して、総額$250.99です。日本円で、約20,000円です。
日本のブルックスの公式ストアで購入すれば、なんとシャツ4枚で44,100円もいたします。
私は米国のブルックスのメルマガ登録しているので、セールの都度メールが入ります。Yシャツやセーター等のアパレルは年に3回くらいこちらで調達するので、他では購入しません。

セールは7/3までやってますが、定番のホワイトのYシャツは早いうちになくなると思うので、興味のある方はお急ぎください。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ARC'TERYX (アークテリクス)Aerios( エアリオス)10 [個人輸入]

ARC'TERYX (アークテリクス)Aerios( エアリオス)10 をe-OMC http://www.e-omc.com/catalog/より購入しました。20%引きでした。 日本では、定価は約10,000円ですが、私は$75(約6,000円)でゲットしました。私にとっては、アルトラ75、アラキス40、アクシオ35、アロー22、サイロ18(これは既にヤフオクで他人の手に渡っています)に続く6個目のアークのバックパックです。 トレラン用の10Lサイズですから、コンパクトです。 荷室はひとつだけですが、外側のクロスのドローコードで衣類を引っ掛けるのは可能です。このコードで、荷室を圧縮して小さくすることも可能です。
IMG_2149.jpg
背中は、こんな感じです。クッションがたっぷりあります。
IMG_2150.jpg
とてもコンパクトです。スマホを使ってと比較するとこんな感じです。小さいでしょう。
IMG_2157.jpg

実際に担ぐと、こんな感じです。とても小さいのがわかります。
IMG_2163.jpg

セキュリティーポケットが荷室にあります。財布とか小物を入れることができます。
IMG_2151.jpg
キークリップがセキュリティポケットにあるので、キーホルダーを引っ掛けることができます。
IMG_2156.jpg

ハイドレーションシステムも装備できます。 キャメルバックの1.5Lを装着可能です。(撮影のためにキャメルバッグを見えるようにしていますが、ちゃんとハイドレーション用の袋に収まります)
IMG_2153.jpg
IMG_2155.jpg

私はトレランはやりませんから、ロードレーサーでのツーリングと山のアタックザックとして利用予定です。 廉価なアークですから、とにかくアークがほしい方には、ちょうどいいですよね。小物を入れての街歩きにも使えるし、格好いいと思いますよ。




nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GREGORY(グレゴリー) Z55 2012年モデルを購入しました。 [個人輸入]

GREGORY(グレゴリー) Z55 2012年モデルを購入しました。大きいバックパックは、アークテリクスのアルトラ75を持っているのですが、食事は小屋で摂ってテントで寝るというパターンが快適なので、そのパターンだと75Lは大きすぎるので、今回55Lのものを購入しました。
新型ジェットストリームLTSサスペンション技術搭載モデル。耐久性に優れながらもライトウェイト。週末の山岳縦走、バックパッキング、クライミングトリップなどに最適だそうです。
色は、青・エンジ・グレーとありますが、私は青(navy blue)を選びました。
重さは1.8kgです。前のモデルは1.5kgだったので、少し重くなっています。

購入先は、当初はSierra Trading Post http://www.sierratradingpost.com/?v=b で2011年モデルをオーダーしたのですが、amazon.comで2012年モデルが安かったので、Sierra Trading Postはキャンセルして送料も安いamazonでオーダーしなおしました。
気になるお値段ですが、日本では2012年モデルは29,190円しますし、今は値引きするショップも見当たりません。amazonでの金額は、モノが$185で送料が$16なので都合$201でした。日本円で約16,500円です。関税もかかりませんでした。いつものように格安な買い物でした。

IMG_2132.jpg

新改良ウエストベルト・システム搭載(サポート力強化フォーム、3サイズ調節機能)しています。
IMG_2133.jpg

Jet Stream LTS 新型サスペンションを採用しています。
IMG_2134_800.jpg

ジッパー式フロント・ポケット
IMG_2135.jpg

拡張可能なフロント・バケットポケット
IMG_2136.jpg
IMG_2137.jpg
IMG_2138.jpg

両サイドのチューブ引き出し口
IMG_2140_800.jpg

ボトムまで開く大開口のサイドジッパー・アクセス
IMG_2141.jpg


両サイドのアックス/ツール・ホルダーIMG_2142.jpg

日本語表記のあるパンフレットも添付されます。
IMG_2144.jpg

重さも軽くて、快適です。次週、雲取山でデビュー予定です。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)のテントHiLight(ハイライト)を個人輸入しました。 [個人輸入]

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)のワンウォールテント、HiLight(ハイライト)をゲットしました。
同じBlack DiamondのワンウォールテントのFirstLight(ファーストライト)と比較したのですが、入口が広いことと天井が楕円になっているので高いことから、ハイライトにしました。
購入先は久しぶりのhttp://www.backcountrygear.com/での購入です。
IMG_2112.jpg
IMG_2115.jpg
ブラックダイヤモンドの文字は、FirstLightより大きいです。目立ちます。
一人~二人用になっていますが、二人はきついですよね。でも一人なら、快適だと思います。

セールをしていたので本体が$277.45でした。ハイライトは床部分がとても薄くてやばいという口コミだったのでグラウンドクロス(フットプリント)もセールだったので$33.65で併せてゲットしました。トータルで$311.10です。backcountrygearは、ブラックダイヤモンドを日本に直送してくれる数少ないショップだったので、送料$60ですからトータルでは$371.10でした。日本円では31,000円少々で関税が1,400円かかったので32,500円で仕入れることができました。
日本での総代理店ロストアローの定価はテントが40,950円でグラウンドクロスが4,620円なので13,000円以上安くゲットできました。

入口が長辺部にあるので、とても広いです。
IMG_2108.jpg

二日ほど中で寝ました。
寝袋とマットが置いてある状態を見ていただければわかりますが、一人使いならとれも広いです。
IMG_2109.jpg

ワンウォールですが、通気ができるように2箇所の長辺部にジッパーを開ければメッシュの部分があります。
IMG_2110.jpg
IMG_2111.jpg

なぜ室内でテントを張っているかというと、このテントの素材は超撥水となっているためシームテープでの防水ができないため、SILNETというシーム剤で縫製部分を目止めする必要があります。目止めするには、テントを張る必要があります。SILNETはテントに付属していますが、目止めには1時間以上要します。
目止めした状態は、こんな感じです。
IMG_2114.jpg

テント本体をパッキングしたらこんな感じです。本体の袋とポールの袋と、ペグと張り綱です。
IMG_2116.jpg

グラウンドクロスはメッシュの袋に入っています。
IMG_2117.jpg

このテントは、室内に入れてクロスする長いポール2本と、庇部分を作る短いポール1本あり、都合3本のポールがあります。結構、差し込むのにテンションがかかりテントに穴を開けないように気を使うという意見が多かったですが、慣れたらフライのあるテントよりも楽ではないかと思います。

早く使いたいのですが、まだ寒いのでしばらくは待機かもしれません。ちなみにテント自体は、4シーズンOKということです。



nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最強の登山用手袋 Outdoor Research Fire Brand Glovesをゲットしました。 [個人輸入]

Outdoor Research Fire Brand Glovesです。
性能が最強かどうかはわかりませんが、お値段では最強ではないでしょうか。
アメリカでの定価は、$320もします。日本円に換算して、27,000円です。
http://www.outdoorresearch.com/en/or-gear/handwear/ascent/firebrand-gloves-23520.html

日本では、なんと50,400円(Amazonです)もします。
http://www.amazon.co.jp/OUTDOOR-RESEARCH-%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81-FireBrand-Gloves/dp/B006EXZUZC

今年使っていたMarmotの手袋は、手首を覆う部分が短くて冬の八ヶ岳ではやばかったので来シーズンは買い替えようかと思っていたのですが、アメリカのamazon.comで格安なのを発見してしまったので、思わずポチってしまいました。なんとSサイズは、$116だったからです。
http://www.amazon.com/Outdoor-Research-Firebrand-Gloves-X-Large/dp/B0059BIV9C/ref=sr_1_sc_1?ie=UTF8&qid=1332677958&sr=8-1-spell
まだ、在庫がひとつ残っています。日本人の普通のサイズの方なら、Sサイズでぴったりです。

昨日届きました。火曜日に発注して、土曜日に届きました。相変わらずamazon.comは、海外通販でも目茶早いです。
本体が$116.39、送料が$13.48、関税のDepositが$13.72の計$143.59で12,000円少々です。関税はかからなかったので後日返金されるから、11,000円程度でゲットできました。

モノはこんな感じです。
IMG_2101.jpg
IMG_2102.jpg
IMG_2103.jpg
マイナス28度まで対応するので、どんな山でも大丈夫です。

インナーグローブは、こんな感じです。
IMG_2104.jpg
IMG_2105.jpg
インナーとは思えないほど、しっかりしています。
このインナーだと、手先の巧緻性に少々支障があるかもしれません。現場では、手持ちのもう少し薄いインナーを使ったほうがよさそうです。

3月末に山に行くので、そこでデビューの予定です。

さて、本日またポチリ癖が出てしまい、テントをbackcountrygear.comより発注してしまいました。モノが届いたらまたご紹介します。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

OAKLEY(オークリー) DUCATI(ドゥカティ) PIT BULL Black/Black Iridium Polarized [個人輸入]

OAKLEY(オークリー)とイタリアのバイクで有名なDUCATI(ドゥカティ)のコラボモデルを購入しました。
PIT BULL(ピットブル)というモデルで、色はBlack/Black Iridiumです。Polarizedという偏光グラスのものです。
IMG_2070.jpg

DUCATI(ドゥカティ)のバイクのイラストの箱に入っており、中には折りたたみ式のカードも入っています。
IMG_2058.jpg
IMG_2059.jpg

購入は前に(前々回の記事を参照ください)Amazon.comと転送会社を利用して失敗したので、今回はeBayで購入しました。eBayのストアなら、日本に直送してくれるところもあります。
こちらのストアで購入しました。
http://www.ebay.com/itm/OAKLEY-Sunglasses-DUCATI-PIT-BULL-oo9127-15-Black-Black-Iridium-Polarized-NEW-/180814812361?pt=US_Sunglasses&hash=item2a196714c9

このモデルは、アメリカではアジアンフィットなら$240で通常モデルは$230です。私が購入したeBayのストアでは、本体が$179.95で送料が$29.95だったので、日本円では17,000円弱でした。日本での定価は28,350円ですから、今回も1万円以上お安くゲットできました。

結構、格好いいですね。私は、山で利用の予定です。
IMG_2067.jpg
IMG_2064.jpg
IMG_2065.jpg

専用のケースも、タグにはOAKLEYとDUCATIの文字が入っています。専用の繊維で出来ており、汚れた際にもころケース(袋)で拭きます。
IMG_2061.jpg
IMG_2062.jpg

明日、浅間山を眺めるには抜群の黒斑山に登るので、天気がよければ使う予定なので、楽しみです。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Dynastar(ディナスター)のスキー&ビンディングセットを個人輸入しました。 [個人輸入]

Dynastar(ディナスター)のスキービンディングセットを個人輸入しました。後ろに写っている箱に入って送ってきました。送ってきたときは、ビンディングは未装着の状態でした。
※モノが大きいので我が家の家財等も一緒に写っていてすいません。
IMG_2050.jpg
IMG_2052.jpg

板は、Dynastar(ディナスター)のスキーLEGEND Sultan80です。オールマウンテン・タイプです。これは2010-2011モデルで、日本では発売されていません。日本で発売されているLEGEND 85が、近いモデルではないでしょうか。
長さは、私の身長が171cmなので158cmのサイズを選びました。
IMG_2055.jpg
IMG_2056.JPG

板の幅は、後部が108mm、中央部は80mm、全部が126mmです。RADIUSは、12mです。
2057.jpg

ビンディングは、Look NX11です。ビンディングもロゴはDynastarになっていますが、DynastarもLookも同じロシニョールグループなので、完全なOEMですね。
IMG_2053.jpg
IMG_2054.jpg

購入先は、eBayのストアInstant Reply Sportsです。モノは$420で、送料が$40でしたので、日本円で約36,000円でした。USPSで送られてきたのですが、税関で2次通関に回されました。スキー板やビンディングは非課税なのですが、消費税と通関手数料で1,000円徴収されました。送ってきた箱に税という赤い文字が写っていますが、税付ということです。日本のスポーツ店でビンディングの取付・調整をして3,000円ほどかかっているので、総額では40,000円くらいかかりました。
ストアから請求された送料は$40でしたが、実際の送付状には$107と記載されていました。ストアが送料を余計に$70負担しても、もうかっているんですかね。

日本で並行輸入して販売しているストアのHPを見ると60,000円近くで販売しているので、今回も個人輸入大成功ということにしておきましょう。




nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SPORTIVA(スポルティバ) NEPAL EVO GORE-TEXを購入しました。 [個人輸入]

冬山登山用に、SPORTIVA(スポルティバ) NEPAL EVO GORE-TEXを購入しました。

先日、湯の丸高原にスノーシューに行ったのですが、スカルパ トリオレではつま先がとても寒かったのです。ショップに以前に聞いた話では、日帰りの冬山ではトリオレがギリというアドバイスをいただいたのですが、その理由がよくわかりました。
2月に八ヶ岳に行くので、これはまずいなと思った次第です。
私には、ギリではなくちょっと厳しいとわかったので、日本の登山用品店でサイズ合わせをさせていただき海外通販でゲットしました。(サイズ合わせさせていただいたお店の方、どうもすいません)

こんな箱に入っているんですね。日本で買うときには、箱から出されていて箱には入っていませんからね。
IMG_2028.jpg
IMG_2029.jpg

箱から出すと、こんな感じです。イエローの格好いい靴ですね。
IMG_2031.jpg
IMG_2033.jpg

靴底のシャンクは、目茶堅いです。スカルパ トリオレと比較すればまったく違います。さすが、雪山仕様ですね。
IMG_2032.jpg

この靴には、取り外しができるベロ(リムーバブル・タン)がついてきます。靴のフィット感や甲の部分の保温をするためなのですが、足首の細い私にはサイズ合わせにもとても便利です。
IMG_2030.jpg

今回は、e-OMCというオレゴン州ポートランドに実店舗オレゴン・マウンテン・コミュニティを持っているオンラインショップから購入しました
https://secure.e-omc.com/catalog/
この店は、会員登録すると正札商品は10%のディスカウントをしてくれます。

今回ゲットに要した費用は、以下のとおりです。
NEPAL EVOはアメリカでは正札が約$510で、ディスカウントの$51を差し引いて、それに送料の$39を加算した$497が購入に要した費用です。日本円にすると、約38,980円となります。
日本の正札は69,300円ですので、なんと30,000円以上安くゲットすることができました。

気になる関税ですが、アメリカのアマゾンで買ってスピアネット経由で転送した方のブログを拝見したら、日通の国際宅配便で関税が5,600円と書いてあったので、最低でもそのくらいはかかるかなと思いました。
へたしたら・・・、やばいなとも思っていた次第です。

実際の関税は、なんと2,600円でした。通関手数料200円を加算しても、2,800円です。
今回は、配送業者はUSPSだったのですが、やっぱり関税は郵便局がお得なのですかね。
ちなみに、税表番号は6402-91でした。これは、靴底がゴムで甲がくるぶしを覆うものにかかるもので、関税はアメリカはWTO加盟なので8%でした。
税関の実行関税率表の当該部分は、以下のとおりです。
関税.jpg

私がお勉強した範囲では、登山用革靴の関税は27%のはずなので、よかったです。※前述のスピアネット経由で購入された方もラッキーだと思っていたので。

とにかく、関税込みのトータルで、41,780円でゲットできたので大満足です。
でも、靴を買うときは、関税の金額がわかるまで本当にドキドキですよね。




nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。