So-net無料ブログ作成
検索選択
海外旅行 ブログトップ

ラスベガスへの個人旅行の楽しみ方 -その③カジノ- [海外旅行]

日本人は、観光でラスベガスに行く方が多いですが、一般的には全米一番のカジノの街ですから一攫千金をたくらんで訪れるかたの方が多いのではないでしょうか。

私は東海岸にある全米第2のカジノ都市アトランティックシティにも行きましたが、規模が全然違うし、アクセスも日本から行くにはニューヨークかワシントンDCより、数時間かけてグレイハウンドバスで移動するしかないので、日本人がカジノを楽しむには、ラスベガスしかないですね。

今回は、カジノの楽しみ方につい私の独断と偏見のみでご紹介します。
私は、マシンゲームは「スロットマシン」と「ビデオポーカー」、テーブルゲームは「ブラックジャック(以下BJ)」と「カリビアンスタッドポーカー」しかやりません。
スロットマシンとカリビアンスタッドポーカーは、勝つつもりではやりません。一攫千金を少し期待してやります。残念ながらいままで、一度も勝った(1万円程度ならありますが)ことはありません。
スロットマシンなんかは、掛け金の90%以上を還元しているのですが、ジャックポットに一発当たった方に大金が入る仕組みでこの還元率なので、10人いたら9人はまず負けです。

ビデオポーカーは、還元率が99%を超えており、basic strategyという戦略が確立しているので、セオリーどおりにやれば毎回勝つとまでは言いませんが、負ける頻度が少なくなります。また、長時間遊べるのでホテルからのコンプが期待できます。
※コンプとはホテルからの無料のおもてなしのことをいいます。たくさん掛けた方に部屋代や食事代を割り引いたり、無料にしてくれるサービスです。詳細は、「ラスベガス」「コンプ」「complimentary」等で検索すればたくさんヒットするので、ご確認ください。

私は、アメリカから専用のソフトを購入して練習し、本番で役に立ちました。
ロイヤルストレートフラッシュも過去に本番で1回当てています。$1000の配当でした。
ストラテジーについては、マシンによって異なりますが、人気のあるジャックス オラ ベターについては、下記のサイトを参考にしてください。
http://www.onlinecasinowisdom.com/jacksorbetter.html

テーブルゲームは、最初に席に座るときは勇気がいりましたが、慣れればなんてことはありません。
特に、BJは大人気です。
BJだと$100の軍資金で、負けるにしても数時間程度もつことも多いですし、数万円単位なら勝つ事も結構あるので一番楽しめます。
※一度50万円近く勝っていたときに、へべれけに酔っていたため数百ドル単位でベットして瞬く間におけらになった苦い経験もあります。

BJにも、basic strategyがあり、これを知らないと100%負けます。
bj1.JPG
bj2.JPG
BJについては、いろんなサイトでルールの説明があるので、勉強してください。

なお、BJについては「カウンティング」という、統計学的な手法を使った戦略があります。ただ、これはカジノではルール違反となるので、発見されると締め出されます。
プロのカウンターは、全米のカジノを巡り歩き、カウンターであることがばれそうになると他の街のカジノに移動します。年間で数千万円単位も儲ける猛者もいるようです。「いかさま」ではないので、負けることも多々あるようです。
この方法は、相当レベルの記憶力と集中力が必要です。私も試したことはありますが、5分もしたらくたくたになります。興味のある方は、本もたくさん発行されているので研究ください。※但し、英文ですが。
ちなみに、私はこの本でカウンティングの研究をしました。
bj3.JPG

テーブルゲームについては、ホテルによってミニマムベッドが異なります。BJだと、大衆的なホテルで$5~$25です。ベラージオのような高級ホテルとなると、$25のテーブルは少なくいつもいっぱいです。$50以上のテーブルが中心となります。
ツアーで高級ホテルでかつ格安なものもシーズンによってはあると思いますが、ミニマムベッドが高すぎてカジノは別のホテルですることになるのも不便ですよね。

ラスベガスをテーマにした記事は、今回で終了とします。
何か知りたいことがあれば、いつでもコメントください。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラスベガスへの個人旅行の楽しみ方 - その②航空券・ホテル予約 - [海外旅行]

個人旅行の航空券の予約は、ネットを使えば簡単です。
スカイゲート、イーツアー、CAS TOUR等々大小問わずたくさんあります。
ここでは大手の楽天トラベルの予約方法をご案内します。

楽天トラベルのHP http://travel.rakuten.co.jp/ を開けて、海外をクリックし航空券をクリックします。
海外航空券をさがすより、旅程を入力します。
LAS1.JPG

検索ボタンを押すと、検索結果が出ます。このコースでは、アメリカンの旅券が一番廉価のようです。
ちなみに、今は日本からラスベガス直行便はないので、すべてアメリカ本土で乗りかえとなります。サンフランシスコかロス経由が一番便利なのですが、航空会社によってはバンクーバー、シアトル、シカゴ等からの乗り換えとなります。大韓航空便は、ソウル乗り換えでラスベガスへ直行します。
LAS2.JPG

57,000円なら結構安いなと思われたでしょうが、どっこい燃料サーチャージが今はとても高いです。7万円近くします。よって、トータル金額は13万円を超えてしまいます。
LAS3.JPG

安く行くために一番いいのは、航空会社のマイルを貯めて特典航空券で行くことです。繁忙期でなければ、3ヶ月くらい前から物色すれば見つかると思います。
飛行機に出張等で頻繁に乗る方は、買い物マイル(無理しない程度)を合わせれば1年で10万マイルはたまると思います。飛行機に乗る機会のない方は、買い物マイルのほかにありとあらゆるマイルの取得できるイベントを漁れば、1年で5万マイルは貯まると思います。ラスベガスまでは6万マイルくらいでいけると思うので、1年間一生懸命貯めれば、旅費分がゲットできます。※燃料サーチャージは別料金です。
私は、ANAのスーパーフライヤーズクラブの会員なので、スターアライアンスグループの飛行機を利用すればいつも快適に旅行できます。スーパーフライヤーズクラブについては、興味をお持ちの方もたくさんいらっしゃると思うので、取得方法や会員の特典も含めて近日ご案内します。ちなみに私は修行はしないで、自然体の利用でゲットしました。

続いて、ホテルの予約です。安く旅行するためには、これば重要です。
今回は、私の常宿のエクスカリバーホテル http://www.excalibur.com/ja/ の予約を例に説明します。
なんと最近は、日本語の案内もあります。2年前までは、なかったです。
ここでは、赤字で囲んでいる空室状況をクリックします。
LAS4.JPG

この画面から、英語です。この画面では、赤字で囲んだレートカレンダーのところをクリックします。
LAS5.JPG

9月と10月のレートを見てみましょう。まず、金曜日と土曜日が格段に高いことがわかると思います。金土には、カジノ目当てにお客が殺到するから高いのです。日曜日には退散するので、一気にレートは安くなります。
週によっては$200を超える日もあります。ラスベガスはカジノだけでなく、コンベンション(幕張や東京ビッグサイト等で開催される見本市)の街でもあるので、大きなコンベンションがある週は料金がうなぎのぼりとなります。
噴水で有名なベラージオホテルなら、9/17のレート$539です。
las6.JPG

次に11月のレートを見てみましょう。1泊$38の日があります。二人で泊まれば、一人$19です。日本円ならわずか1500円少々です。
よって、旅行をするにも閑散期を狙っていくのがベストです。超高級ホテルのベラージオでも同じ時期は$149ですから、最高級ホテルに泊まったとしても一人$75なので6000円で泊まれます。
las7.JPG

なお、エクスカリバーが安いからといって貧弱なホテルではありません。ホテル自体も大ホテルの部類に入るし、部屋も広くて十分に大きいです。クィーンサイズのベッドが二つあり、中に入れば、日本人からみた感覚では1泊3万円くらいと思います。何よりも、カジノが庶民的です。
ベラージオでブラックジャック(テーブルゲーム)をやろうとすれば、最低の掛金(ミニマムチャージ)が$25で、またそのレートのテーブルが少なくて座ることができません。エクスカリバーなら$5からあります。

さて、次回はグランドキャニオンでの私の体験談、またはカジノについてご紹介したいと思います。

明日は、富士登山です。ご来光を見るために夜中から上りますが、また雨のようです。
この夏は、白馬と火打山が大雨、ゴルフしても雨・雨・雨です。
本当についてない・・・、とほほ・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラスベガスへの個人旅行の楽しみ方 - その① - [海外旅行]

今回は趣向を変えて、海外への個人旅行についてご紹介します。
私は、家族とハワイやグァムに行く際にはツアーを使うのですが、一人旅が大好きでその歳には個人旅行で手配します。

いろんなところに行きましたが、一人で行っても退屈しないラスベガスには10回近く行ってます。
そこで、一人旅でのラスベガスの楽しみ方を何回かに分けてご案内します。

まずはラスベガスについて知る必要があります。地球の歩き方も必要ですが、ラスベガスについては非常に頼りになるサイトがあります。
「ラスベガス大全」http://www.lvtaizen.com/ です。下手なガイドブックより詳しいです。
ベガス1.JPG


①基本情報です。日本からのアクセス方法や、治安、気候等詳しく解説されています。
ベガス.JPG

②ツアーとは、オプショナルツアーのことです。定番のグランドキャニオンの他にも、ザイオン国立公園、デスバレー国立公園、買い物ツアーや男性用の夜のツアーなど詳しく案内されています。ラスベガス大全から予約することができるから、便利です。
ベガス3.JPG


③各ホテルについても、そのグレードや人気について詳しく説明しています。一番人気は噴水ショーのべラージオですかね。私の常宿は、エクスカリバーホテルです。安いし、便利だし、カジノの敷居が低いからいいです。
ベガス5.JPG

④ナイトショーは、カジノと双璧をなすラスベガスの目玉です。シルクドソレイユ(日本でも東京ディズニーランドの近くに劇場がありますね)のショーが目白押しです。私は、MystereとOの観劇をしました。最高ですよ、感動します。みんな、スタンディングオベーションです。以前はコンサート情報も掲載されていました。私はラスベガス大全で知って、旅行の際にMGMグランドで「Sarah Brightman」と「Cold Play」のコンサートを見ました。
ベガス6.JPG

⑤ショッピングは、重要ですよね。私は、プレミアムアウトレットとファッションショウモールには必ず行きます。TUMIのバッグ、Religionのジーンズ、アバクロやホリスターなどを買っています。山系のグッズを買うために、Sun Station近辺まで足を伸ばすこともあります。
ベガス shopping.JPG

⑥市内交通、これ結構重要です。どこに行くには、どの交通機関を使えばいいかとか、バスのチケットの買い方等、詳しく紹介しています。私は、最初はタクシーをよく使っていましたが、慣れてきた昨今はもっぱらバスです。DEUCEだけでなく、郊外までRTC http://www.rtcsnv.com/transit/route/ を使ってバスで移動しています。
ベガス7.JPG

⑦フォーラムは、有用です。皆が質問を入れたり、経験談を紹介したりいろんな情報が仕入れられます。出発に2ヶ月くらい前からは、毎日アクセスしたいですね。
ベガス8.JPG

次回は、航空券とホテルの予約について、ご紹介します。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
海外旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。